自ら肌を老化させる行為は止めよう!してはいけないスキンケア
自ら肌を老化させる行為は止めよう!してはいけないスキンケア


TOPページに戻る

自分のスキンケア、間違っていませんか

自分の乾燥肌スキンケア 、間違いなく正しいと思えますか? 何気なくこんなもんだろうと、やっている方が殆どだと思うので、自身のある方は居ないに等しいと思います。

誰かが教えてくれる訳でもないので、自分が感じたままやっている方が大半だと思います。
しかし、その意のままやっているスキンケアの方法で、肌を疲れさせたり老化に導いている事があります。
何て事無いと自分が思っていても、どんどん肌を疲れさせて、年齢肌になってしまう事も...
避けて、肌老化を遅らせる事が出来るのであれば、間違ったケアは止めるようにしなければなりません。


入浴時に、シャワー洗顔

お風呂に入った時に、ついでに顔も洗ってしまおう!と、洗顔する方も結構いると思います。
ついでに出来ますし、便利ですよね。

お風呂で洗顔する事は間違っていませんが、すすぎの時にシャワーを掛けてしまうと、肌に負担を与えてしまいます。

シャワーの水圧が、顔の肌に乱暴に当たってしまうので、皮膚にダメージを与えてしまいます。
圧があった方が綺麗に落ち切る、と思われる方もいらっしゃると思いますが、それは真逆です。

シャワーの湯温は、体に合わせて温度設定をしていると思います。
体に合わせた音戸でしたら、顔には暑すぎます。
熱いお湯で洗顔すると、必要な成分も洗い流してしまい、乾燥肌に導いてしまいます。
お風呂で洗顔する時は、1度洗面器等にお湯を取って、温度を下げて使うようにすると良いでしょう。


ポイントメイクリムーバーの重要性

クレンジングって、疲れている時には非常に面倒ですよね。
ついつい顔と同じクレンジングで、目元や口周りをメイク落とししてしまう方も多いと思います。

確かに、オイルクレンジングは洗浄力が高いので、目元や口元等のハードメイクも落とし切ってくれます。
しかし、洗浄力が強すぎるので、目元や口元などほうれい線でたるみがあるデリケートな皮膚部分には余計な負担を与えてしまいます。

しっかりアイメイクや落ちない口紅を使った場合は、ポイントメイクリムーバーを使い、目元や口元の老化を遅らせましょう。

クリームクレンジングは、拭いてから洗顔で落とす方も多いと思います。
しかし、その拭き方次第で、肌に大きな負担をかけてしまいますので、注意しましょう。
コットンやティッシュを使い、直接ゴシゴシ落としている方がいらっしゃいます。
これでは、高い肌摩擦が起き、肌トラブルを起こしてしまいます。

使うのは、ティッシュではなくコットンを使うようにしましょう。
コットンをぬるま湯で濡らす事が、コツです。
濡らしたコットンで、優しく滑らせるようにふき取ってあげましょう。

その後、綺麗に洗い流してあげましょう。


 

リンク